サプライズ誕生日プレゼント…なのかな(?)

当日になるまで内容を知らない状態で国際フォーラムに足を運びまして、結果的に8月12日 16:30〜の会に友人と行ってきました。オーケストラに誘われたていだったので、てっきり僕の好きなホルストの惑星かとおもいきや期待を大きく上回るスター・ウォーズのコンサートだったなんて。

C−3PO役をやってたアンソニー・ダニエルの司会とともに、スター・ウォーズのストーリをなぞりながら再現される映像と、東京フィルハーモニーのオケ生音演奏とが交わり、とてつもなく魅入っちゃいました。

かつて国際フォーラム(Aホール)は、ウィル・スミス主演「アイ・アム・レジェンド」のジャパンプレミアの時にいきまして、会場のキャパは多分800人くらいはあったと思います。その時は3Fの後方でスクリーンが遠かったんですけれども、今回は1Fの中間くらいの地点でとても見やすく、全部で12曲+アンコール2曲くらいと考えるとスター・ウォーズファンにはやや足りないくらいのボリューム感でしたが、冒頭の胸熱な主題歌から終わりのダース・ベイダーのテーマまで知ってる曲ばかりで存分に楽しめました。

また、生まれて始めてスタンディングオベーションに遭遇できたのは嬉しい限り。

唯一残念だったのが、レーザー演出が思いのほか雑だったのと、最後のエンドロールで映像のつなぎをミスっちゃってたこの2点くらい。ちょっと後にやってればPerfumeのホログラフィック表現や、プロジェクションマッピングを用いてさらに演出を高められたかも。なんて思うけど、アンソニーのC-3POものまね(本物なんだけど)が見れただけで全てが良くなった感じ。

これほどまで熱狂できるコンテンツを作ってみたいもんだね。