インフラ熱が加速している今日です。

Apacheでウェブサイトを公開しているわけだけど、CPUとかSwap、ネットワークやディスクの状態とか見えない部分がかなり多いんで、細かいサーバチューニングの参考にと”サーバーの稼働率を可視化したい”と思ったときに、ふとmy365で使っているmuninの存在を思い出して、自分のとこのサーバーにインストールしました。小言ですが、最初はmuninを”ムーミン”だと思っていました。(すみません)

インストール&セットアップが超簡単すぎてびびる。

■インストール

sudo apt-get install munin munin-node munin-plugins-extra

合計3パッケージ入れる訳だけど、

munin 収集されたデータをウェブインターフェース上でグラフ化

munin-node 数値を収集

munin-plugins-extra 拡張のためのパッケージ(お好みで)

という構成になってるみたいです。

■muninディレクトリの作成

mkdir ~/htdocs/munin

公開ディレクトリのどこか適当なとこにディレクトリを作成。

■muninの出力先を設定

公開ディレクトリをユーザーフォルダの中で行っているため、2ファイルの修正が必要でした。

/etc/munin/munin.conf  ファイルの出力先を上でつくったフォルダに設定

htmldir /home/t_ishiyama/htdocs/munin
logdir /var/log/munin

最初~/htdocs/munin というかたちでディレクトリを指定してたんですが、パスが通らずだめでした。フルパスで記載するんですね、こういうの。

 /etc/munin/apache.conf  のエイリアスとディレクトリ、アクセス許可を以下に設定

Alias /munin /home/t_ishiyama/htdocs/munin
<Directory /home/t_ishiyama/htdocs/munin>
Order deny,allow
Options None

※ 初期設定だとOrderがサーバー自身からしかみれない設定になってるので、適当にアクセスの許可をします。後でどのみちベーシック認証かけるだろうということで、一旦どこからでもアクセスできるように。

■設定がおわったら再起動

/etc/init.d/munin-node restart
/etc/init.d/apache2 restart

■動作確認

5分待てばログがグラフが生成されるみたいですが、せっかちなのでcronをまわす。

sudo -u munin /usr/bin/munin-cron

該当ディレクトリの権限が無いとか、ディレクトリが間違っているとか、エラーをはいてくれるのでたすかりました!権限がなければmunin/ディレクトリに775を与えてあげてください。

はいmuninさんこんにちは。

スクリーンショット 2013-02-13 23.36.06

余談

そろそろ持ってない数字感スキルを得るために身近な所から自分事化して、自分も含みデザイナーのパフォーマンスを数値化したいところであります。頑張るぞー!

下記参考にさせていただきました。

ファイルサーバーの状態を Munin で監視
 UbuntuにMuninをインストールする